「機械と音楽」開幕

昨日はたくさんのお客さまに来ていただき初日が開けました。
明るくなってもまったく拍手が鳴りやまず、
しかしこちらはぜんぜんダブルコールの段取りを組んでおらず、
うわー、これこのまま出てこなかったらどうしよう、
と思いましたが、無事俳優が(段取り組んでないの丸出しで)
出てきてくれまして、
無事、お客さまの心に応えることができました。
ほんとうにありがとうございます。

たくさんの感想もいただきまして、
まとめなど作ってみました。

そのなかで、「ロシアの名前が難しくて、頭に入ってこない」
という嘆きをいくつか目にいたしました。
なので、少し、ロシアの名前講座などしてみたいと思います。

トルストイの「戦争と平和」では冒頭から数ページで、
200人以上の名前が出てきて混乱する、
登場人物表を手元に置かないと読めない、
などロシア文学と名前の問題は、
日本とロシアのあいだに根強く残ってきました。
しかしですね。
ロシアの名前は難しくない。
とくに「機械と音楽」においては。
ということをわたしはお伝えしたいです。

そもそもロシア名はナントカビッチとか、
ナントカニコフなどという響きが難しいカンジですよね。

けれど、知っていますか。
ロシアにおいては、苗字と名前がとても少ないということを。
キラキラネームを始め、漢字を駆使して
独自性を追求する日本。
おそらく苗字の数も世界基準でとても多いです。
海外のひとにとって和名より難しいものは
なかなかないのでは、と思量します。

しかしこの名前の数が少ないことが、
むしろロシア名を難しくしているんですね。
ロシア名は、
苗字の数が少なく、名前も少ないので、
いわゆる同姓同名がとても多くなってしまう。
なので、どう区別しているか、というと、
名前と苗字のあいだに父称というのが入ってくるんです。

たとえば、今回の主人公は、
イヴァン・レオニドフですが、
ほんとの名前は、
イヴァン・イリイチ・レオニドフとなります。
このイリイチの部分が父称です。ミドル・ネーム的な使い方ですね。
イヴァンのお父さんは、イリヤ、という名前なんですね。

しかし厄介なことに、
同じイリヤさんをお父さんに持っていても、
女性と男性では父称は違います。
男性だと、イリイチ、
女性だと、イリエブナ、
となります。

そろそろ混乱してきましたか?
だいじょうぶですか?

続けますね。

劇中にアンドレイという名前が出てきました。
アンドレイはイヴァンの息子です。
ではアンドレイのフルネームはどうなるでしょうか。

アンドレイ・イヴァノビッチ・レオニドフ
となるんです。
イヴァノビッチは、お父さんがイヴァンだから、
それが変化する。

****************************************

なんとなく仕組みがわかってくれましたか?

****************************************

そしてロシアの名前を混乱させるもうひとつの要因があります。
それは、
ロシアはあだ名が好き、ということです。
というか基本あだ名で呼び合います。

なのでますます混乱する。
え。イヴァンじゃなかったの?と。

しかし落ちつきましょう。
ロシアにおいては、あだ名もそんなに気ままではありません。

例えばイヴァンの場合は、
ヴァーニャです。
チェーホフの名作「ヴァーニャおじさん」は、
つまりイヴァンのあだ名なんですよ!!

かもめのコースチャは本名はコンスタンチン。
ニーナはなぜかニーナのまま使われてますが、
ニーノチカ、とかなります。
つまりあだ名を見れば本名がわかり、
本名を聞けばあだ名がわかる、そんな仕組みになってるんです。

********************************************

どうでしょうか。なんとなく整理ついてきたのではないでしょうか。

*********************************************

そして、ロシアの人は基本は、
名前+父称で呼び合います。

イヴァンの場合なら
イヴァン・イリイチ、
と呼びます。

*************************************************

というワケで実はシンプルなロシアの名前なんですが、
まあ、フツウに混乱しますよね。。。

初演の「機械と音楽」では比較的この法則を守って上演していました。
名前+父称で呼び合い、
親しいもの同士ではあだ名にしました。

しかし、もうそこで思考停止する方が多いので、
再演の際、すべてシンプルに直しました。
基本として、友達同士はファーストネームで呼ぶ。
先生たちは苗字で呼ぶ。
あだ名は廃止。
いまも一か所だけ、冒頭の革命シーンで、
オリガ、をオーリンカ、
と呼びかける場所が残ってますが、そこだけです。
どうしてもそこはあだ名にしたかった。
なぜなら少年少女だから。

というわけで、
登場人物はたったの9名。
名前もシンプルにしました。
ギリシャ悲劇や
シェークスピア劇など考えたら恐れるに足りません。

しかし、さらに考えました。
それ以外の固有名詞が混乱の原因かもしれないと。
冒頭から出てくる固有名詞を覚えている限りで
出してみます。

マヤコフスキー。
アヴァン・ギャルドの詩人です。有名ですね。革命を牽引しました。

ロトチェンコ
ステパーノヴァ
ホポーワ
マレーヴィチ
タトリン
ブルガーコフ
マンデリシターム
パステルナーク
メイエルホリド
このあたりはすべてロシア・アヴァンギャルドの芸術家です。
デザイナー、文学者、詩人など。

イリヤ・ゴロゾフ、
ヴィクトル・ヴェスニン
シチューコ、
ゴルツ、
ジョルトフスキー、
これは建築家ですね。
ヴェスニン兄と
イリヤ・ゴロゾフだけが構成主義建築家です。

あとは政治家ですね。
レーニン、
スターリン、
トロツキー、
キーロフ、
カガノヴィッチ
です。
20人ほどですが、心が閉じますよね。
ぜんぶ調べる必要はないと思うのですが、
ちょっと調べてくるだけで、心安らかに観ることが
できるかもしれません。

特にアヴァンギャルドの芸術家は演劇にゆかりのある方が
多いです。
舞台美術をやっていたり、戯曲を書いていたり。
マヤコフスキーもブルガーコフも、
日本で上演されていますしね。

ひとりひとりの説明までできなくて申し訳ありませんが、
下調べの助けになれば幸いです。

トップ画像は、今回の舞台のお写真です。
保坂萌さんが撮ってくれました。
まもなくカッコよすぎる舞台全体のお写真も公開しますので、
たのしみにお待ちくださいませ。

週末以降は、17日昼と18日昼以外、そろそろ完売かつ、
キャンセル待ちも出そうなのですが、
本日、そして明日の昼・夜、お席にたくさん余裕が
ございます。
正直言ってピンチです。震えています。
お時間作って、ぜひ劇場へ!!
お待ちしております!!

ナイスエイジな「機械と音楽」

今日は場当たりでした。
9時間かかって終わらなかった。
壮大だ。壮大すぎる。

でも美術・照明・音響・映像、揃いましてのオープニングは、
心震えました。
オープニングに限っていえば、
開始0秒で、ああ見に来てよかった、
と思ってもらえると思います。
(そのあと継続させていくのはもちろんタイヘンなので、
芝居全体に自信満々とかではないですよ)

というわけで、ミドルエイジの三人を紹介致しましょう。
そう。30代に、田島さん始めとする
チームシリアルナンバーな面々がそろいました。

まずは、わたしの不動のエース。
酒巻誉洋さんです。

じつはこの「機械と音楽」を使い、田島さんと4年前に
上演のあてのないワークショップをやっていました。
マッキーはその時から不動のギンスブルグです。
すごく合う役なのに最初少し苦戦していましたが、
いつのまにか追いつき、追い越し、
いまやトップシーンの主軸をしっかり担っています。
サジェスチョンに対してとても真摯。
田島さんとの中盤超えたあたりのとあるシーンは、
胸アツすぎるので、どうぞ身構えてお待ちください。

そして、詩森作品は4度目の登板。
熊坂理恵子さんです。

共通の知り合いで初演も見てくれた友人が、
「くまちゃんのあの役、考えただけでグッとくる」
と言ってました。
じっさいわたしも稽古場でグッときまくりです。
田島さんふたりきりのシーンで作りも繊細なので、
ほかの俳優がいないところでの抜き稽古が多かったのですが、
たまにみんなの前で稽古すると、
俳優たちがとても集中して観てくれています。
たぶんけっこうグッと来てるんじゃないかな。(推測)
理論が勝つ登場人物たちのなかで
オリガとふたり、別な座標軸を生きる大切な役です。
この役あってこその「機械と音楽」
どうぞお楽しみに。

そして最後はserial number 田島亮。

こんなドラマチックな稽古場リポートをいただきましたが、
事実はまさにこの通りで、
今回は、稽古場でとても苦しみました。
でもいま苦しみどきだったのかもしれません。
イヴァンが生きないと誰も生き始められない。
それを知っているから、みんな待つしかなかった。
これからの演劇人生で、
すこしでもいい俳優になることで返していくしかない。
そのくらいの恩を座組からかけていただきました。
そんな壮絶な稽古を経まして、
今日の初日を前に、
なにか怪物めいたものが生れ落ちる胎動を感じています。

初日をぜひ目撃してほしいです。
内容的にいっても初日の高揚感は格別、な、ハズです。
当日券、出ますので吉祥寺シアターに
ぜひお越しください。

お待ちしております。

待ってるみんなの動画は、コチラ
チケット予約はコチラからどうぞ!

大人世代の「機械と音楽」

劇場入りしております。
誰、わたしの時間を盗んだのは。

ここ数日は世界の果てのような稽古場で、
本番仕様に美術を組んでもらい、
生音のリハをしつつ、
映像も映しつつ、
本番さながら、連日通し稽古の日々でした。
映像の浦島氏いわく、
ここまでするのは、商業演劇クラスだそうです。
そうなんだ。。。
見合うほどの対価が出せているハズもないのに、
そこまでさせてくれるスタッフに感謝です。

さて。前回は若手たちを紹介しました。
本日は大人エイジのお三方をご紹介しちゃおうと思います。

おひとりめ。
青山勝さん(道学先生)です。

建築家たちのリーダー役。
この役は、だれにしたらいいか、
すごく考えてオファーをしました。
全体の重しみたいな役で、その説得力がないとダメだからです。
ご自身のカンパニーでは演出をやってらっしゃるので
細やかにホンを読んでくださって、
丁寧に演じてくれています。
見どころは冒頭の、本役ではないとある役です。
凄い迫力ですよ。

そして、大石継太さん。

おおきな舞台をたくさんされてきた、
実力派の俳優さん、というのはもちろんわかっていましたが、
まさかこんなにチャーミングな方とは。
集団シーンを創るとき、いちばん年上の継太さんが、
誰より楽しんでくれるので、ほんとうに助けてもらいました。
手垢にまみれていない表現で、
唯一の体制側の人物を演じてくれます。
素晴らしいです、よ。

そして浅野雅博さん。

浅野さん演じるメーリニコフはエキセントリックな、
なかなかクセのある役で、
俳優さんもトリッキーに演じたくなりそうなものなのに、
浅野さんは一見サラッと演じます。
そして、稽古が進むにつれさらにそぎ落としていきます。
なのにいつのまにか、メーリニコフでしかない人物が
稽古場に出現しています。
わたしが大好きなこの役をこんな風に演じてもらえて幸せです。

そして御三方に共通しているのは、
作品に対して献身的で、骨惜しみしないこと。
いくらでも稽古をさせてくれること。
稽古に手間取って
お待たせしてもジッと待ってくれて、
相手役の演技が一段進むと自分も一段あげてくれる。
結果何倍にも豊かなシーンが立ち上がります。
「機械と音楽」のどのシーンも、
みなさんの愛を浴びて育ってきました。

もしかしたらこの劇団稽古なげーな、と思ってらっしゃると
思うのですが、
じっさいとても長くしつこく稽古させていただきましたが、
たくさんの気づきを作者であり、演出家でもあるわたしにも
しっかりギフトしてくれました。

大人エイジの「機械と音楽」。
どれほどにたのみにしても裏切りません、
とわたしは言いたい。

たのしみに、してください!

お待ちしています。

「機械と音楽」は進む

稽古がはじまってから、もうなんにも余裕がなかった。
飲んでもいないし(ときどきは行くけど当社比)、遊んでもいない。
仕事はたくさんある。
なのに稽古場はやたら早く行く。
わたしはB型。快楽原則に乗っ取って動いている。
いまは稽古場がいちばん楽しいんだろうね。

俳優が分厚い。
ベテランが分厚いのはもちろんわかってたけど、
20代のひとたちがちょっとおかしい。

戯曲の構造がこうなってるから、こうしようか、
戯曲の構造はこうなってるけど、
このあたり誤読してこういうモチベーションにしよう、
なんて演出がフツーにできるし、
向こうからの提案もいちいち理に適っていて、
「お。それならホンのここ、こうしよう。」
など話しながら稽古している。
わたしは体験したことないけど、
たぶん海外の稽古場はこんなカンジじゃないかな。
と思う。

人に聞くロンドンの稽古場にすごく憧れてたけど、
いま、うちの稽古場はそんなカンジだと思う。
そうそうない。わたしは体験したことがない。
そのなかでの20代が3人。

ひとりめは。

三浦透子ちゃん。若干22歳。
すっごいエンジン積んだコだな、ってのは初対面でわかったけど、
わたしとのマッチングがたぶんいい。
知的なのに野蛮って日本にはそうそういない俳優で、
稽古場の機動力だ。
最近、「天気の子」のメインボーカルをすることが発表され、
それはぜったい大ヒットするんだろうけど、
その前に演技をライブで観といたほうがいい、と言いたい。
でもわたしは透子ちゃんの歌声が好きすぎるので、
ココに、予告編はっちゃう。笑。

ふたりめは。

田中穂先くん。26歳。柿喰う客所属。
芝居を本格的に初めて3年目だそうだ。
2回くらい見て、この子はニコライに合うだろう、と思って
オファーしたけど想定以上だった。
ホンが読めて、だけど柔軟。
どんな役でも、やりきれそうな気がする。
そして大切なことだけど、コメディーセンス抜群。

さんにんめは、きなりちゃん。26歳。

舞台も演技も初心者で、初日は、ああ。これはタイヘンかもって思った。
でも、とくに演技指導みたいなことはしなくて、
フツーに演出してたらいつのまにか、
ちゃんと俳優に変身していた。
そうなるとあの得難い透明感は強みでしかない。
みんなぜったい好きになっちゃうと思うんで、
どうぞお楽しみにと言いたい。

そんな稽古場からステキ映像が届きました。


わたしが何回も見てしまうくらいカッコいいんで、
ぜひご覧ください。

そして稽古場レポートもいただきました。
若干ドラマッチックすぎますが、じっさいもこんなカンジです。
全体的に明るくて和やかな稽古場ですが、
稽古はビリビリです。

この稽古場からいいものをお届けしたいです。
がんばります!!
ベテラン勢とミドルエイジ勢についてはまた書きます!!

 

演劇の旅-イギリス編 その2

最後の一本は、迷わず決めました。
「夜中に犬に起こった奇妙な事件」
ナショナルシアターライブでも、
日本でやった上演も見逃していて、
でもどうしても見たかった作品です。

わたしは長く自閉症の子たちと関わっていました。
宿泊体験のお手伝いをするボランティアを
10年近くやっていました。
自閉症の子だけではなく、
ダウン症の子や、
知的障害の子たちが、療育といって、
自分でできることを増やしていきましょう、
という施設でのお手伝いです。
10年やったと言っても春夏秋冬、
一泊とか2泊するだけのお手伝いなので、
そこまで大層なものではありません。
それでも行けなくなってもうだいぶたちます。

なので、知的障害のある子どもが主人公のものは
どうしても観たいと思ってしまいます。
最近だと、
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」が、
高機能自閉症であるアスペルガーの少年の話でした。
あの映画もとてもいい作品でした。

自分の作品にも何回か自閉症の人が出てきたことがあります。
障害に付加価値を付けていないかと問われれば
自信がありませんが、
わたしは、彼らの世界がとても好きなんです。
とても豊かなのにヘンクツで、
いろんなことがうまくいかない。
でも彼らの時間を共に過ごして、
わたしの知らない世界の見方を
たくさん分けてもらいました。
それは演劇人としてのわたしの人生をいまも支えてくれています。

わたしが行っていた施設の子たちは、
知的に遅れもある子たちです。

遅れのある子もない子も
サヴァン症候群と言って、
天才的な能力を持っていたりもします。
(全員がもってるわけではありません)
有名なところだと「レイン・マン」の
ダスティン・ホフマンの役がそうですね。
記憶力が凄かったり、
わたしがかかわった子だと一回聞いた曲は、
ピアノで弾けちゃう子がいました。
運指はメチャクチャですが、
そしてまったく言葉がないくらい重度の自閉症でしたが、
音楽に関しては天才でした。

「レイン・マン」のチャーリーは高機能ではなくて、
カナータイプの自閉症な気もします。
自閉症も知的な遅れを伴うカナータイプの自閉症と
知的には問題ない高機能の自閉症があります。
分類に意味はありませんが、
彼らの生きづらさを理解するためには、
わたしたちが彼らの感じ方や障害の特徴を知る必要があります。
彼らはひとの感じ方がわからないという障害です。
歩み寄るのは神様に他者への想像力を持たせてもらった
わたしたちがやるべきことです。

前置きが長くなりました。
「夜中に犬に起こった奇妙な事件」は、
数学に長けた、おそらくアスペルガー症候群
と思われる、少年が主人公です。
児童文学が原作なので、
今回のために読んだのですが、
これがちょっとびっくりするくらいのいい小説でした。
電車を何度も何度も乗り過ごしながら、夢中で読みました。
構造は「アルジャーノンに花束」に似てますが、
もっとリアルで、ちょっと怖くて、
とても愛おしい物語です。

『戦火の馬』を観てから気づいたのですが、
演出が同じ、マリアンヌ・エリオットさんという女性演出家でした。
(『戦火の馬』はトム・モリスと共同演出)
あの原作を、同じ演出家が、と思うだけで心が躍ります。
朝、ストークオントレントからロンドンに戻り、
預けてあった荷物をとって劇場へと向かいます。
→なぜなら劇場からまっすぐパルセロナに行くから。
我ながらよーやるよ、と思いますが、
まあ、ちょっと体力がね。ひとより余計にあるんですよね。

その日はマチネで、
劇場に行ってビックリしたんですが、
お客さんがほぼ学生!!
おそらく学校の授業の一環なんですね。
あとはわたしたちと、
もうお仕事はリタイヤしたのかな、っていう年配のご夫婦。
なるほど~。今日はこういう観客層なのね。

で、始まったんですが、子供たち、
かなりマナーが悪いです。
ずっとお菓子とか食べてるし。
(食べていいんだ。。。)
喋ったりするし。
こちらも集中できない環境ではあるんですが、
俳優はもっとタイヘンですよね。

でもまったく途切れません。

それにしてもイギリスの子供たちは、
こんな世界最上級の舞台を授業で観て育つんですね。
そりゃあ、演劇好きになりますよね。
凄いなあ。

肝心の舞台ですが、
「戦火の馬」ほどの特別な体験ではなかったですが、
とても素晴らしかったです。
犬が殺されるオープニングから釘付け。
俳優のフィジカルでどんどんシーンが移り変わり、
まったく飽きることがありません。

そして、やはり俳優が凄い。
心の機微ってここまで伝えることができるんですね。
どの人のことも、
一瞬出てきてそれきり出てこない役も、
なにを動機として、
どうしてその行動をするのかぜんぶわかる。
障害を含めて愛しているはずの我が子を
障害ゆえにもてあます両親。
どちらもきちんと成り立たせている演技が、
素晴らしかったです。

2幕になると、クリストファーがロンドンを目指すので、
アクロバットも駆使して、
移動のシーンが繰り広げられます。

壁を垂直に走る!!
下で支える俳優たちのカッコよさたるや。
ほんとに唖然とするくらい凄い。
プロジェクションもたくさん使われる作品ですが、
あくまで人間の身体の補助線です。
演劇で見せる、演劇に不可能はない、という気概が、
ただごとではないと思います。

子供たちいちばんの心が動いたポイントは、
ホンモノのゴールデンレトリバーの子犬が出てきた瞬間な気がしますが、
ぜんたいもとても楽しんでいたと思います。
凄い拍手でした。
でも劇場で、ポテトチップスはやめたほうがいいと思うぞー。笑。

技術的にも予算的にももちろんここまでのものは作れませんが、
演劇に不可能はない、という気概だけは負けたくないな、
と思います。
そしてシンプルな俳優の力は、
すぐにでも目指さなければ。
いや。ずっと目指してはいるけれども。
もっともっと先があるな、と思います。
先があるのはステキなことです。
頑張らせていただこうと思います。

この演出家さんの作品は、
すべて観たいな、と思いました。
まずはエンジェルス・イン・アメリカをなんとか観たい。

これで9本。
ヨーロッパの演劇をここまで少し神格化していたかもしれません。
つまらないものはつまらなかったし、
好きじゃないものは好きじゃなかった。
でも、好きと言えるものもたくさんあって、
それは人生でも最上級の体験をもたらしてくれます。

ひとが、からだひとつで、世界と立ち向かう演劇は、
成功させるのが、とても難しい。
でも、演劇のおもしろいはすべてのもののなかで、
いちばんおもしろい。
わたしは、むかしからそう思ってきました。
もちろん音楽をやる人は音楽を、
映画を作るひとは映画を、
そのように思うのだと思います。
でもわたしは演劇を創るひとなので、
演劇はいちばんおもしろい。それでいい。
そう思います。

これからも東京で演劇を創りたいと思っていますが、
観たいと思ったものはどこであっても観に行けるんだ、
と分かってしまったので、
これからはもう少し積極的に、
外に飛び出し、演劇を観たいな、と思いました。

わたしたちの演劇の旅は終わりました。

この旅で得たものを、
東京の演劇に渡したい。
稽古が待ち遠しい気持ちです。

読んでくれてほんとうにありがとうございました。
機械と音楽、まもなく稽古開始です。
チケットはまだまだありますが、
じつは、稽古も始まってないのに、
15日土曜日の夜と、
16日日曜日の昼の回、
お急ぎください、となってきました。
週末観劇予定の方はお急ぎください。

予約はコチラからもできます。
お待ちしています。

携帯からの予約はこちらをクリック!