「表現の不自由展その後」

今回の「あいちトリエンナーレ」での「表現の不自由展その後」
に関しての、一連のことに関して、
メモ程度に残す。

起こったことについては、ここに詳しい。
すべてがわたしと同じ意見ではないけれども、
基本として主旨にも賛同する。

今回の件に限らず、
ネット上の意見というのはなぜか相対値で書かれる場合が多い。
もちろん相対的な視点を持つことはいいことだと思うけれど、
Aさんに比べたらBさんは問題がない、的な意見は、
どうもわたしは違和感を感じる。
そういう場合、
Aさんも問題があるし、Bさんも問題がある、
ということではないのだろうか。
Aさんは仲間でBさんはもともと仲が悪い、とか
そういうのも関係ないと思う。
わたしは表現に携わるので、
表現の権利については日頃から考えていて、
現段階での自分の判断基準を持つことにしている。
(更新しなければいけないことももちろんある)

その前提で。

1.芸術の展示の中止を行政が求める→そもそも憲法違反なのでダメ
2.芸術の展示について国の方針と反するのでしていた助成金を支給しない可能性を示唆→大問題。憲法的にもありえない。
3.市民からのバッシング・中止を求める行動→権利としてはあり
4.テロ予告→犯罪なのでもちろんダメ
5.テロ予告を受けての中止→安全が確保されないなら妥当かも?
(準備段階での見通しの甘さは運営側の反省材料)
6.出展者側が十分な納得をしていない→主催者側がダメ

わたしはそう考える。
個人感情をそこに挟む余地がわたしにとってはない。

ただ、5に関しては、
いろいろグローバルスタンダードなども調べてみたが、
よくわからなかった。
ヨーロッパでは基本、劇場や美術館でも空港のような
セキュリティチェックをされる場合が多い。
(カメラや録音機に目を光らす日本とは違い、完全にテロや犯罪対策)
今回の場合は、展示内容があきらかに政治的だし、
インモラルに寄るものも多そうだから、
普通の展示会より、エマージェンシーに対しての準備は、
必要だったろうな、と個人的には思う。

「表現の自由」が守られなかった、という
おおきな、大きすぎる前例を作ってしまった。
これからは行政のみならず、
悪質な愉快犯によってもわたしたちの表現が、
脅かされる時代がやってくる。
もちろん現実的なテロ行為も。

それにしても。

表現の自由は、人権(憲法)の大きな根幹を成すものであるから、
行政はむしろそれを必死で守る立場ではないだろうか。
機動隊が来て、厳戒態勢を引いたっていいんだぜ、
とは思う。

主催者側も、お金さえ準備できれば、
クレーム電話対応のプロを雇い、
警備保障会社による手厚いセキュリティチェックをすることだって、
可能ではあったろう。

内情もわからないし、どの程度の危険性だったのかわからないので、
「すべきだった」という話ではありません。

6について。
悪いのは、テロ予告を出した犯罪者と対応しない警察なんだから、
主催者は悪くない、という意見を見て驚いてしまった。
ここについては、
テロ予告と対応しない警察は、まったくダメだけど、
だからと言って参加アーティストにあのような声明を出させてしまうのは、
(その後、当該展示以外のアーティストも声明を出している)
それは、わたしは、いけないことだと思います。

そもそもあの展示を企画する人たちなのだから、
政治的に決まっているし、
レジスタンス色も強いはず。
それが悪いなんて言われたら、それはもう、なんか、
なんで呼んだんだ、ってことになるのではないかしら。

主催者側は、
最後まで誠実な対応を、とこの立場になりうるアーティストとして
ぜひお願いしたい。

今日会った若い美術家のお友達が、
いろんなレイヤーがありすぎて、簡単にまとまらない、
と言っていて、わたしもそれには心から同意する。
なので現時点でのわたしの考えを記した。

ツイッターでも紹介したけど、本を一冊紹介します。
表現に関わる全ての人、
SNSで感想書いたり意見書いたりする人も表現者として、
みんなに読んでほしい本です。
すくなくともわたしは、すごく衝撃を受けました。
表現の自由って、自分にとって不愉快な表現の自由も
認めることなんだ、って。
この本で書かれているいちばん大きなことは、

「表現があったとき権力による中止や停止を求めることは、
自分の表現も脅かすことになる。
もしもある表現を不愉快と感じたら、表現によってのみ
抵抗すべきである。」

ということです。

仕事に戻ろう。

「マネーショート」を見て考えたこと

「マネーショート」という映画を見ました。
これは、本格的すぎるほど本格的な金融映画です。
リーマンショックの引き金となったサブプライムローンの破綻、
その逆目を張って儲けた金融マンたちの物語で、
途中途中で的確な説明シーンがあるものの、
おそらくロング・ポジションとショート・ポジションの正確な意味、
リーマン・ショックの全容、
その引き金となったサブプライムローンとその破綻の背景、
などを知らないとまったく楽しめない映画です。

特に、4組(チームだったりひとりだったり)の金融マンの物語が、
並列かつ目まぐるしく変わり、
どの人の背景もすごくちゃんと書き込まれ、
それぞれの金融の手法や検証方法も違う。
その丁寧さとリアルさたるや、凄みさえ感じるほどです。

わたしは金融を演劇にしたことがあるので、
最初から最後まで、淀みなく楽しみ、感動しました。

なにが素晴らしいって、
金融マンたちが、逆目を張って大儲けして、
それでハッピーというのではなくて、
金融破綻が市民を損ねるものだということ、
そしてその中で勝った金融マンたちも複雑な思いを生きたことまで、
丁寧に描いていることです。

ああ。面白かった。面白かった。
と何度も言ってしまうけど、
まったくわからなかったという意見もネット上に
散見しています。とうぜんといえばとうぜんですが。
わたしも、15年前にこの映画を見ても、
まったく意味がわからなかったのではないか、と思います。

しかしこの作品はアメリカでアカデミー作品賞の対象と
なっています。
日本ではお金は貯蓄しなさい、という教育を受ける人が
多いと思いますが、
海外では投資に関する教育を親から受けると聞いたことがあります。
そういう背景の違いは大きいのかもしれません。
また、リーマンショックの際の報道があり、
リーマンショックの基礎的な知識があるのが当然というところで、
作られているのでしょう。

それで、映画が面白かった、という単純なことではなく、
わかる、わからない、ということに関しての、
深い溝について、
日頃、そのことで常に悩んでいる劇作家として、
今後どうしていったらいいのかなー、と考え込んでしまったのでした。

そのあたりを解決するために、劇中でおもしろく説明する、
という方法を編み出し、
あの手この手を使って考えてきました。

それは、どんなに内容について知らないお客さまでも
楽しむ権利があるし、そういう人に理解できないと、
やる意味もないよねと思うから、というのがひとつ。

もうひとつは、たとえば、今回の「マネーショート」の場合、
金融の深いところに入り込まずに、
とにかく逆目に張って儲けたんだ、
というところをザクッと描いたほうが実はわかりやすい。
しかし、そうなると、高度に発達した金融工学が、
金融の本来の目的を忘れ、マネーゲームに走った結果、
金融の破綻を生んだという現代社会の深部に届く作品にはならない。
そこに照準を合わせてしっかり描き成功させている
監督や俳優陣に驚きます。
わたしも深く事象に切り込むために各論に拘りたいし、
その各論をディティールまで仔細に描くために、
物語(演劇)としての巧さや完成度を犠牲にしても説明を入れ込む必要がある、
ということ。

しかし、「マネーショート」を素晴らしいと思うのは、
わたしがこの事象を深く理解しているからであって、
映画の評価としては日本ではそれほど高くないのが実情です。
内容を理解したうえでの高度な議論はほとんどなされていなくて、
ほとんどが「わからないからつまらない」
「おもしろいんだろうけど難しくてわたしにはわからなかった」
もしくは、
「わからなかったけど、おもしろかった」
という論のなかに押し込まれています。
(もちろんすべてではないですよ)

わたしも最初に書いたように、
前ならまったくこの映画が理解できなかったと思うので、
だから日本人はダメなんだ、とか偉そうに言うつもりはありません。

でもたぶん「わたしには難しい」ことのなかにたくさんの真実が、
いま隠されていて、
わたしたちの生活を少しづつ浸食し、
犯しているような気がします。

経済も政治も。わたしたちの生活も。
同じ箱のなかにはいっていて、相互に関わり合い、
けして無関係ではいられないというのに。

おそらくはわたしの「わからない」のなかにも、
おそろしい怪物は潜んでいる。
演劇をひとつ作るたび、その怪物との対峙を迫られることも多いです。
でも、だからこそ、アウトプットの仕方に悩みます。

これから、どういうふうに作品を創っていこうかな、と、
最近考えていることの、ヒントになるというより、
さらに鬱々とする体験になりましたが、
観てよかったです。

わたしが金融のシステムについて説明しながら、
「マネーショート」観る会とかやればいいのかなあ。
引き続き考えていこうと思います。

「選挙」を終えて

改憲議席の維持ができなかったことはほんとうにホッとしました。

とは言え、投票率の低さに暗澹とした夜を過ごした方(わたしも)は多いはず。でも、この投票率の落ち込み、無関心というより積極的離脱が意外に多いのでは、と思量しますがいかがでしょうか。

いままで以上にわたしの周りでも声を上げるひとが多く、それは必要と危機感に迫られてのことで、とても理解できます。

しかし、それ以外の考えを持つひとをSNSという場から排除し、投票になんか意地でも行きたくないという心持にさせてしまったのではないかという懸念も拭えません。

ここの分断について、どうすればよいのか、わたしはずっと考えてきました。

原子力発電が事故を起こしたときから、インターネットが普及したこの社会で、今後いちばんの問題はディスコミュニケーションとなるだろうと思っていたからです。

賛成派、反対派がお互いに優位性を確信している状態での論議はなにも生みません。
政治の話もまたしかりです。

さまざまな問題の要因は、歴史に学び、ひとの行動原理を分析し、考えないとあぶりだせません。無関心層がなぜ無関心か、ということは、根深い問題であると同時に、問題解決へのカギも握っていると思います。

民主主義の危機、とか言ったって、たぶん民主主義がなにかさえわからないひと、たくさんいると思うのです。そして、それは、その本人のせいではなくて、そうなっている要因がべつにある。

自分がわからなくて、価値も感じていないものに、自分の心地よい生活を乱されていると感じることは、わたしたちにも覚えがあるはず。行きたくもないのに行く「釣り」は、圧倒的な苦痛でしかない。「釣り」と「選挙」は違う、といきりたっても仕方がないです。いまの日本では「選挙」は任意の行動でいいというもので、なんの強制力もない。なのにものすごく重要なもので、大切なものであることは確かで、それを「政治の話はしないほうがいい」という常識がまかり通る国で、日本史は、戦争終わるあたりでなぜか尻切れる、政治経済の授業は選択制。そんな国で運営しようとしている。

無理があるんではないでしょうか。

とは言え、教育を変えるには政治によくなってもらわないと不可能なわけで、なかなかの堂々巡りです。うーむ。どうしよう。

こう書くと、お前も選挙に行くことに優位性を感じてるんだろ、と思われますよね。「上から目線」と。いえいえ。上からではなく、ほんとうに困っているし、怖いだけなんです。どうにかならないかなって、途方に暮れているだけなんですよ。自分の力だけでなんとかなることだったら、こんなに困らないです。

「ボードゲームしないひとは人生損してる」
とか、ましてや「ボードゲームどうしてもやってほしいんだよ。」とか
言ったことないですしね。

とは言え、こんなにも危機感を感じているひとが身近にいるんだ、って実感できたという意味でSNSの果たした役割は大きいと思うんです。孤独ですからね。SNSは繋がるという意味ではとても優れた面がある。「れいわ」の戦いがまがりなりにも周知されたことや、立憲の議席数増とかは、SNSあっての成果と言えますよね。

しかしこのSNSのせいで、もしかしたら投票率が下がっているのかも、という視点も持って、考え続けていきたいと思います。

ひとの権利

無頼茫々というお芝居でこんなセリフを書いた。
人権の意味を教える授業のセリフだ。

『世界で初めて人権を高らかにうたったのはアメリカの独立宣言でした。曰く「我らは以下の諸事実を自明なものと見なす。すべての人間は平等につくられている。創造主によって、生存、自由そして幸福の追求を含むある侵すべからざる権利を与えられている」。
西暦1776年のことです。
その独立宣言を参考にして革命後のフランスで人権宣言が行われました。
人権宣言、その第一条「人は、自由、かつ、権利において平等なものとして生まれ、生存する。」。
ここで大切なことは、このふたつの宣言が指し示すように人は生まれながらにして平等である、ということを素直に信じることでしょうか。この「人には人権があり、それは犯さざるべきものである」という考え方が、わたしたちがそれを発見してから、まだ100年もたっていないあたらしい考え方なのだということのほうがより重要なのではないか、そうわたしは考えています。
生まれたての赤ん坊がひとりでは生きていけないように、若い思想はその是非について検討すると同時に、手厚く守り育てていかねばならないものです。なぜならば、「人は生まれながらに平等である」という宣言がなされたということは、その前提として、不平等な社会があったということです。つまり社会というものは、そのまま、自然のままにしておけば、基本としては不平等なものとして運営されるということを長い歴史が証明しているとも言えるのです。』

今回の選挙にあたってもこのことを考えている。
わたしはLGBT当事者ではないけど、同性婚を実現したいし、
結婚はもうしてないし、今後もしないけど、
夫婦別姓を選択できるようになってほしい。
子育てはしてないけど、子育てがしやすい社会であって欲しいし、
女性劇作家と言われるのには慣れたけど(慣れちゃいけないかもだけど)
男女の受験格差なんてものは断固としてなくすべきと思っている。

それは人権というものの意味に立ち返ったときに
どう考えてもそれ以外の選択肢がわたしには思い浮かばないからだ。

住民投票で、辺野古基地反対を突き付けても
議論のテーブルさえ用意されない。
そんな国に住んでいることが恥ずかしい。
辺野古賛成・反対とかはこの際おいておいても、
住民投票の結果がガン無視されたら、
わたしたちはどうやって自分を守ればいいのでしょうか?
そんなことを許しちゃったら一時が万事ということに
なりやしませんか?

しかもわたしたちには選挙という手段があって、
わたしたちが選んだ政治がそれを行っているわけだから
どんなに不本意でも自分の責任ということになってしまう。

自分の生活費とは比べ物にならない規模の予算で
劇団経営している身としては、
もちろん消費税はものすごく大切な争点ではあるけど、
やはり人権を守るということを礎として政治が行われるべきだ
というのがなにより大切だと思う。
しかし人権はとてもか弱いものだということは、
人権宣言から200年以上たった今もヘイト・スピーチ問題
なんてものがなくならないのを見ても明白ではないか。

人権が守られるとはどういうことか、
それはどんな社会なのかをベースに考える。
そうすればそんなに間違うことはない気がしている。

税収とその使い道については、
まずはわたしたちが実現したい社会をデザインして、
その結果として設計されるべきものだ。

わたしは演劇に育ててもらって、
だから政治のことも経済のこともすこしはわかる。
でももともとはまったく興味がなくて、
どこか遠い世界のことだと思っていた。
なんとなくわかってきたときに、
そういう教育を親からも学校からもしてもらえてないことに気づいた。
政治が自分の人生とこんなに密接なものだったなんて、
誰も教えてくれなかった。
むしろそれを話したり考えたりするのは「はしたない」
って意識だけ育てられてきた気がする。

そんななかで育ってきたわたしたちは、
与党と野党とか、
言われたって用語からしてわからないひとだって
たくさんいるはずだ。

選挙に行かなきゃいけない理由だってよくわからないんじゃないかな。

そのあたりについて書きたいこともたくさんあるけど、
まずはわたしは「人権を守る」ことを大切に、
政策を見て投票しようと思う。
という個人的な意思表明などしてみます。

参院選は、衆議院選と違って自分の意思表示がしやすい選挙です。
東京も大きなひとつの選挙区だし、
いろいろ問題のあるシステムだけど、
比例区(全国区)があるしね。
衆議院選は、自分の選挙区に支持したいひとがいなかったら、
アウトで、もう仕方ないからこの人って、
投票しなくちゃならなかったりもするから。
今回は、引き算ではなく、
ちゃんと足し算で、わたしは、投票します。
あなたに入れたいからわたしは入れるよ。

わたしはなんにもできてないけど、
すくなくとも田島さんはわたしと演劇やるようになってから、
選挙に行くようになったそうです。
身近なひとに、一生懸命話すくらいしかないのかな。
生き方で示すしかないのかな。
でもそれがきっと意外に大切。

「機械と音楽」終演しました

ブログ上では開幕してるのに閉幕していない
「機械と音楽」
無事終演いたしました。
いい俳優に恵まれて、
すばらしい環境で稽古することができました。
反省はいつも通り山ほどあって、
でもそれは心に秘めて次を目指します。

次は、「コンドーム0.01」というタイトルです。
「アンネの日」の対バン的な作品として企画しました。
わたしがこころを開放して、
捨てるものなんてない、という覚悟で書けば
面白くなると思います。
「アンネの日」を書けたんだからきっとだいじょうぶ。
あの8人の女優たちから勇気をもらって、
わたし、進みます。

がんばるぞー。